『あづまTeshi-got市場』ありがとうございました。

2019年11月02日

ご報告が遅くなりました。先週末に開催されました『あづまTeshi-got市場』にご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。前日金曜日の東北は、またもや大雨で、心配しておりましたが、土曜日の朝には雨がやみました。無事に開催されて、本当に良かったです。スタッフの方々も心から安堵している様子でした。例年なら黄色に色づく銀杏並木は、緑の葉が目立ちました。今週末が見頃かな?


『雨が上がって良かったねー』と周りの作家さん達にご挨拶をして、開店準備を始めようとしたところで、いつもの吾妻下ろしがやって来ました。前日搬入していたお隣さんのテントが浮き上がり、棚が倒れてしまいました。割れ物の作品でなかったのが不幸中の幸い。しましまはテント設営を諦め、野展で過ごした1日目です。出展場所の円形エリアは、例年のんびりスタートですが、今年は開店とともに沢山のお客様が来店されました。動物シリーズのマグカップやブルーシリーズの飯碗や鉢などが、一瞬でなくなりました。マグカップは後から何人もの方に「もうないんですか?」と聞かれて、申し訳なかったです。来年出展できたら、もっといっぱい持って行こう。嬉しかったのが、今年の新作のウシシリーズが人気だった事!他のイベントでは、あまり手が伸びない様子だったのけど、しましまのイチオシです。


今回もお客様や作家さんからたくさんの差し入れをいただき、ありがとうございました。楽しみながら、少しずついただいています。過去のテシイチで、よくお隣のブースになっていた〝畑からそだてた布〟さんのご友人の方が、毎年のようにしましまにも、お昼ごはんを作って来てくれるようになりました。日曜日は少し肌寒かったので、温かいおむすび(パリパリ海苔付き)とスープが、本当に有り難かったです。その後は温かいココアとおやつで、至れり尽くせり。福島の女神様です。


福島からまっすぐ茨城の実家へ向かいました。1ヶ月半ぶりに会うねねさんは、まるまると太っており、やはり他人を見る目でこちらを見て、プイッと二階へ逃げて行きました。でも、一緒に酒田へ帰って来たら、またいつものねねさんで、いつもの生活です。茨城では、まだ見に行っていなかった水戸とひたちなかを父が観光案内してくれました。ひたち海浜公園のコキアは見頃を過ぎていても、この景気!実家滞在3日間は、いつもの倍以上食べ、私もまるまるとなった気がしています。