『クラフト小径』ありがとうございました。

2019年10月07日

週末に開催されました『クラフト小径』無事終了しました。二日間、たくさんの方々にご来場いただき、どうもありがとうございました。金曜の夜には青森に到着しましたが、雨風が強くて、心配になるような天候でした。土曜日は、風が強かったですが、雨は時折パラっと降るくらいで、終了間際にしっかりと降り始めました。日曜日は、空気がひんやりしていましたが、日差しがあり、気持ち良く過ごせました。毎週のように台風がやってくる中、今回も奇跡的なお天気に感謝です。


『クラフト小径』は好きな場所にお店を構えられます。相変わらず、場所取りが苦手で、激戦の場所は外したつもりでしたが、最初にテントを立てた後、わりと混みあってしまったので、お引越ししました。テントを運んでくれたsow雑貨店さん、ありがとう。りんごの木が眺められるゆったりしたブースでした。荷物運びが長距離になってしまいましたが、このために購入したドデカイカートが大活躍でした。土曜日の午前中は、お馴染みのお客様にたくさん来ていただきました。青森は今年初出展。「待ってたよー」と言っていただくのがほんと嬉しい。いつもチームで来ていただく4人組様!しましまブースを盛り上げていただき、ありがとうございます。白マットの新作の器をいっぱい購入していただきました。青森では、白マットシリーズとブルーシリーズが人気です。


日曜日も忙しく過ごさせていただきました。びっくりしたのが、ご夫婦でご来店いただき、ブルーシリーズを大変気に入っていただいた様子。いろいろ迷われた結果、ええいっ!といった感じで、スプーンレストの豆皿を「ちょうど10枚あるから、これ全部!」とプレートごと渡された時は思わず「冗談ではたまにありますけど…」と言ってしまいました。その他もたくさんお買い上げいただき、いっきにブースがスカスカになりました。感謝しかないです。


しましまも久しぶりに大人買い。お手洗いに行く途中、何気に覗いたお店が、素敵で、どハマりしてしまいました。京都から出展のjyuraku-sha+さんは手捺染めした和紙や生地を使ったお店。箱は細々した小物の整理に使おうかなぁ。函館から遊びに来てくれた今さんに自慢気に見せていたら、他のお客様にも興味を示して、帰り際にjyuraku-sha+さんから、そちらのブースからたくさんお客様が来たよー。宣伝ありがとう!と言っていただきました。最近、東北に出展を始めたようです。また会えるといいな。


只今、我が家はりんご祭り。甘い香りに包まれています。クラフト小径の主催側からいただいたりんご。今さんが直売所から「重いよー」と言いながら、しましまの分も買って来てくれたりんご。お隣のブースだったサトウカヨさんからいただいた長野のりんご。長野のりんごは見た目がおしゃれ。前にも書きましたが、果物の中でいちばん好きなのがりんご。幸せです。他にもたくさんの差し入れやお土産をいただきました。どうもありがとうございました。忘れてならぬのが、搬入準備中に朝散歩で通りがかった、ご近所のお母さんから差し入れていただいた温かいおにぎり。騒がしくて迷惑をかけているだろうに青森の方は心が温かいな。にんにくは、冷凍保存できると教えてもらったので、道の駅でいっぱい買って来ました。

『クラフト小径』は今年で最終回。来年からは鯵ヶ沢で『C-Point』が復活します。スタッフの皆様、7年間お疲れ様でした!

次の週末は『秋彩こみち in かくのだて』に出展予定ですが、またもや強力な台風が来ているようです。祈りながら、行方を見守りたいと思います。