無事帰宅しました。

2019年09月26日

二週間ぶりに酒田に帰って来ました。出発時は、あんなに暑い日が続いていましたが、すっかり寒くなり、ストーブを付けてしまいました。ねねさんのいない我が家は、やはり寂しい。実家でワガママっ子をして元気に過ごしているようです。九州への往復の旅は3336キロでした。行きの道中は奈良を観光しました。高校の修学旅行では、体調が悪くなり記憶がなく、今回は大満足。帰り道は、高速に乗ったり、カーナビがあるにもかかわらず、道に迷ったり。昨日は12時間運転して、新潟で一泊しました。夕焼けも朝焼けもきれいでした。行き慣れた町は、ほっとします。ショートバージョンですが、瀬戸と北九州のイベント出展のご報告です。


『SETO品野クラフトフェア』に来ていただいた皆様、どうもありがとうございました。もうずいぶん前の事に感じます。1日目は、曇り空で暑くも寒くもない最高のイベント日和でした。2日目は、太陽がジリジリ痛く、ものすごい暑さになりました。会場のすぐ横では、陶磁器センターの廉売市。全品100円の店にびっくり。高くても食器が300円。何故こんなに安いのか分かりませんが、しましまの作品は買ってもらえる気がしませんでした。そんな中でも、作品をとても気に入っていただき、大人買いをしていただいたお客様に感謝。出展は地元の作家さんばかりで、山形なんて遠くから来て採算合うのかい?と周りのおじさまからも沢山心配していただきました。来年は『せともの祭』への出展を目指すぞ。


『西日本陶磁器フェスタ』にご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました。心配された台風の通過が夜だったので、開催に影響なく無事に終了しました。このような形態のイベントには、初出展。とにかく勉強になることが多く、参加できて良かったです。唯一の知り合いの作家さんの福井の北原さんと北海道の近藤九心くんには、初出展の自分を毎日気にかけてもらい、全国のいろいろな作家さんを紹介してもらいました。お二人には感謝です。お客様は、動物シリーズを気に入っていただいた方が多く、お子様用の食器に揃えていただいたり、羊やペンギンのコレクターの方に買い占めていただいたり。所違えば…という感じで、今まで参加してきたイベントとは、かなり異なった感想を持っています。お隣のブースの愛媛から参加の作家さんも初出展で、5日間も一緒だと別れも名残惜しく、最後に作品を物々交換しました。お客様には、また来年来ます!とは言い切れませんでしたが、また参加できたらなーと思います。


あさっては『まつやま大手門くらふとフェア』に出展します。会場は自宅から30分の距離です。お天気がかなり心配です。土曜日に来場した方が良さそうです。皆様のお越しをお持ちしております。